FC2ブログ
ドクターブログ~めざせ!イケてる産婦人科医~
タイトルのような高い(?)目標を掲げ、邁進しつつ反省の日々をつづります。&当院の宣伝、自慢など
新型コロナウイルスの感染拡大の予兆あり!
雪が少なく、気温は低くない日が多かったこの冬。
風邪をひかずに済んだ人が多かったかもしれませんが…なんだか安心できない状況になってきました。

そうです。皆さんも関心の多いことでしょう。「新型コロナウイルス感染症」です。
連日、感染を確認された患者が増えていく報道がなされ、拡大の一途をたどっているのでしょうか?

感染症と言えば、ポピュラーのものは、「風邪」です。鼻、のどや気管・肺などの気道に感染するものです。
私はいつも妊婦さんに風邪をひかないよう注意しています。
この私のブログや、スタッフのブログでも頻繁に情報発信しています。

最大の理由は、感染症というのは、いつでも、新しいウィルスが発生してしまうという事態になる可能性があり、
妊婦さんにとって感染症は、「赤ちゃんに影響してしまうかもしれない」という、リスクがあるからです!

普通の風邪は罹っても大丈夫で、インフルエンザや新型コロナウイルスは大丈夫じゃない、ではありません。
むしろ、普通の風邪は、ウィルスを特定できずに終わりますから、恐いくらいです。
原因ウィルスに関わらず、あり得ますから…

「妊婦さんは風邪を引きやすく、しかも治りにくい」とか、「咳が長ーく残ることが多くて苦しいです」とか、「お腹も張りやすくなります」とか、いつもはそういう視点で予防を促していますが、
確率は高くはないですが、赤ちゃんへの影響という重大なリスクを避けたい思いが隠れているのです。

予防のポイントや情報は、こちらを参照していただきたいです。
手洗いのしかたは、こちら

もう1つ。感染のしかたの視点でのポイントです。
それは、「何かを手で触って、その手で鼻や口元を直接触る」ことが感染拡大の大きな要因なのです。
家庭内で家族中で感染するのは、ほとんどそのせいだと思います。
手すり、机の上、食器、コップ…などなど
マスクも重要ですが、「触れない」「触るものを分ける」「触れたらすぐ洗う」としないと、インフルエンザや新型コロナウイルスのような感染力の強いウィルスは容易に感染するでしょう。
専門的にいうと、「飛沫感染」だけ防げばいいのではないのです。「接触感染」を防がなくてはいけないのです。

参考になれば幸いです。
できることは、しっかりしましょう!後悔しないために。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://newclinic.blog119.fc2.com/tb.php/179-47acfd0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

New島貫医院

Author:New島貫医院
〒992-0045
山形県米沢市中央2-5-12
山形県米沢市にある、
産科婦人科 島貫医院です。



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード