FC2ブログ
ドクターブログ~めざせ!イケてる産婦人科医~
タイトルのような高い(?)目標を掲げ、邁進しつつ反省の日々をつづります。&当院の宣伝、自慢など
全国的な感染状況を考慮して
制限解除

日ごろ診療体制について
ならびに、みなさん1人1人の予防と節度ある行動に、ご協力いただきありがとうございます。

里帰り出産を考えている方へ

引き続き、当院では、できるだけ早めに、余裕をもって帰省・来院していただくことをおすすめいたします。
今まで多くの地域に、”健康観察のルール”=帰省先での14日間の自宅待機 を設けておりますが、
感染についての全国的な傾向を考慮し、
お住まいの地域によって、ルールを再度撤廃いたします。

青森県岩手県秋田県
の3県といたします。

詳細のお問い合わせ、またはご相談やご不明な点がありましたら、いつでもご連絡をお願いします。


できることは、しっかりしましょう!後悔しないために。
そして、みんなでこのピンチを乗り越えていきましょう!


産科婦人科島貫医院
院長 島貫 洋人

ありがとう!この苦難のなか、励みになります。
さて、
先月私のバースデーでした。
毎年恒例ですが、今年もスタッフ一同から、素敵なケーキをいただきました。
昨年もいだだいていましたが、新型コロナウィルス感染拡大のため、ご披露しませんでした。
ありがとうございます。

現在まだ新興ウィルス感染症に、日本、いや世界中で苦しみ喘いでいます。
いずれ「風邪」の一種として扱われる日がくるとは思いますが、まだそれには時間が必要です。

 ※ 妊婦さんに対する新型コロナウィルスワクチン接種については こちら をご覧ください。


また、東日本大震災から10年。
過ぎ去ってしまったように思いますが、先日のように「余震」がありました。
心の傷が癒えない方もいらっしゃるでしょう。
あの日を忘れず、防災・減災の意識を持ち続け、前向きに過ごしたいと思います。


新ブログ採用75


また1つ歳をとりました。もうすぐこの世に生を受けて半世紀になります。
よろしくです。
妊婦さんに対する新型コロナウィルスワクチン接種について
いよいよ、新型コロナウィルスワクチンの県内でも接種が始まります。
みなさんは接種するかどうか、お決めになりましたか?

すでに、先月17日から医療従事者を対象とした接種が開始されています。
報道などでもあるように、感染者の入院を取り扱うような「感染ハイリスク」の医療機関から始まると思われます。
接種するワクチンは、ファイザー社製のmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン”コミナティ筋注(筋肉注射)”というもので、3週間を空けて2回投与するものです。

医療従事者の中には、妊娠中の方もいらっしゃると思いますが、
接種するかは、もうお決めになっているでしょう。

妊婦への接種に関連した情報をまとめてみました。

WHO(世界保健機関)では、開発された数社のワクチンについて、1月下旬ごろに下記のような発表をしています。
妊婦については推奨をしないが、医療従事者など感染リスクが高い人については例外
推奨しないのは、臨床試験での十分なデータがないためであって、高血圧、糖尿病など重症化しやすい病気を持つ人には、安全で効果がある

厚生労働省は、妊婦さんに関しては下記のような発表をしています。
・対象は16歳以上
・妊婦または妊娠している可能性のある女性には予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること(例えば、もともと生活習慣病や呼吸器疾患に罹っている方は接種のメリットは大きいでしょう)
妊婦は接種可能であり、禁忌(=絶対にしてはいけない)ではない
・妊婦には、接種の「努力義務」を適用しない

また、日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会連名で
「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」という提言が発表されましたので、
ワクチン接種を考慮している方は、こちらをご参考ください。

海外では、各国で方針が分かれています。
多くの妊婦さんが接種していますが、接種を大いにためらうような重い有害事象(副反応)は今のところ明らかではなく、十分にメリットがあるとの見解のようです。


現時点までの情報をもとに、まとめてみましたがいかがでしょうか?
妊娠中の医療従事者の方は、今回の「医療従事者」としての接種を受けない方もいらっしゃるでしょう。
現時点の妊娠週数にもよりますが、次の接種機会のころには「非」妊婦になっているかもしれませんから…(授乳婦になる可能性はありますが)
接種しても、しなくても、その後の感染対策は今までと同じように続けていくことになると思いますので、
接種するかしないかは、充分に検討していただきたいと思います。


最後に、
現時点では、当院でワクチン接種を行う予定はありません。

新型コロナウィルス感染の収束を祈りたいと思います。
ややタイムリーさに欠けますが、
最近、当院で企画・実行したプチイベントの様子をご紹介いたします。
SNSでもご覧になれますので、facebook、instagramもどうぞ。

いろいろストレスが溜まる生活を強いられていますが、スタッフ一同少しホッコリしたところです。
初の中止になった「雪灯篭祭り」に合わせて、大地震があったにもかかわらず、竹灯りを作成し、敷地内に飾りました。
天候の良し悪しで3日間飾れませんでした。ゴメンナサイ。

新ブログ採用74-1
新ブログ採用74-2

先日、「オンラインお誕生日会」を開催いたしました。
感染拡大防止のため制限をしているため、中止していた1歳のお誕生日会をこういう形で実現できて、お母さんたちの声や1歳になったお子さんの元気な姿を拝見し、とても楽しい時間を過ごすことができました!
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

新型コロナウィルス感染の収束を祈りたいと思います。

新ブログ採用74-3
2月4日は「風疹の日」です。
もう過ぎてしまいましたが、
去る2月4日は「風疹の日」です。
毎年示されるもので、今年の内容です。
昨年も示されていましたが、新型コロナウィルスのことで、ブログへの投稿を忘れていました。
今年の内容はほぼ昨年と同様で、検査やワクチン接種の助成ができるにも関わらず、まだ受けていない方がいます、
との内容です。
COVID-19のことでそれどころではない、と思われるかもしれませんが、こちらも重要です。
風疹排除の目標のプロジェクトの強化月間として、みなさんによく知ってもらいたいと思います。


■40~50代の男性に強く訴えます!
■風疹抗体検査・第5期風疹定期接種のクーポン券を受け取ったすべての方へ
まだ80%以上の人が検査を受けていません
 〇風疹をゼロにするために検査を受けてください 
 〇また職場等で周囲の方が検査を受けられるよう配慮してください
■風疹抗体検査,予防接種(MRワクチン)が
 〇特にこの世代に実施されるよう皆さんの行動を求めます
■新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が大きな話題となっていますが、わが国では
 〇2019年から妊婦への風疹罹患のリスクをなくすための大切な対策が続いています


                                        -2021年2月“風疹ゼロ”プロジェクト-


最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

New島貫医院

Author:New島貫医院
〒992-0045
山形県米沢市中央2-5-12
山形県米沢市にある、
産科婦人科 島貫医院です。



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード